Menu

Windows Setup

XEX.ASIA
プライバシー インターネット上でのプライバシー を保ちましょう。IPアドレス を変えることで安全性 とセキュリティーを確保します。
セキュリティー どこからでも安全で快適なインターネットを! 強力な暗号化技術により、すべての通信を徹底的に守ります。
フリーダム 地域制限のあるサービスへのアクセスを可能に! 国境を気にする必要はありません。

o

ステップ 1)

始めにSecurepoint VPN clientをダウンロード(完全無料)

このリンクボタンをクリック SourceForge.net してダウンロードページを開いてください。(信用と実績のあるサイトです。)

**上記リンクをクリックすると別ウィンドウで開きます。

ダウンロード先にコンピューターのご自分の見つけやすい場所を指定してください。

ダウンロード後、Securepoint VPN clientをインストールしてください:

ステップ 2)

次にXex.asiaから「VPNトンネルサービス・ログイン情報 メール#3」タイトルで送られたメールに添付されたファイルをダウンロードし、zipファイルを解凍、添付のVPN構成用ファイル"OpenVPN Configs_for_Windows.zip"をコンピューターの分かりやすい場所にセーブする。

Openvpn VPN構成ファイルはこちらからもダウンロード出来ます。

https://www.xex.asia/billing/downloads.php

* ダウンロードにアクセスする場合ログインしている必要があります)

メール#3で送られた添付ファイル「OpenVPN Configs_for_Windows.zip」 をクリックしてダウンロード

あなたのzipファイルの解凍用アプリケーションは似ている/もしくは違う物かも知れませんが、ステップ/アクションは同じです。

圧縮ファイルを解凍してください

フォルダを作成し、「OK」 をクリック

この作成したフォルダの場所やファイルをセーブした場所を覚えておきましょう。次のSecurepoint VPN Clientステップで構成ファイルのローケーションを変更する場合があります。

TOP

ステップ 3)

弊社VPNサーバー用構成ファイルをSecurepoint VPN Client内にインポート

始めに、WindowsのスタートボタンからSecurepointを開く

もしプログラムが起動していないように見える場合、システムトレー上の下記アイコンを探してください。デフォルトで起動時にミニマイズされている可能性があります。

「Import」 ボタンをクリック

先ほど作ったフォルダを探し、フォルダをダブルクリック

次のフォルダもダブルクリック

現在Xex.asiaでアクセス出来るインターナショナルVPNサーバー名のフォルダが見えます。アクセスしたい国をダブルクリックしてください。

それから、Securepoint VPN Clientに追加したいサーバーロケーションをダブルクリックして追加してください。

最後にサーバーのロケーションを構成するファイルが下記のように現れます。選択して 「OPEN」 をクリック

「Import」 ボタンをクリックして最終段階です

「OK」 をクリック

Securepoint interfaceに戻り 「Connect」 ボタンをクリック

VPNトンネルサービス・ログインUsernameを記入(メンバー登録したメールアドレス)

UsernameはVPNトンネルサービス・ログイン情報 (メール#3)でも通知されています。

「Save data」 をクリック、そして 「OK」 をクリック

メール#3に記載されているパスワードを記入して、

「Save data」 をクリックし、最後に 「OK」 をクリック

Securepointが接続を開始します。30秒程度でオレンジのバーがグリーンに変わります。

おめでとうございます!

グリーンに変わるとVPNサーバーへの接続が完了し、ネットサーフィンを安全に楽しみ、あなたのお気に入りのサイトへ世界中からアクセス可能な状態です。

初回のみプロセスは長いですが、次回からは接続ボタンのみで使用出来ます。

* 接続を確かめるには右下にあるシステムトレー上のSecurepointアイコンで確認出来ます。

グリーンになっていれば接続されています。

上記のステップを繰り返すとアクセスポイントを追加する事が出来ます。

一度構成が完了すると、接続にアクセスポイントを選択する事が出来るようになります。

アドバンス設定もグリーンの矢印ボタンから行う事が出来ます。

アドバンス設定ではもし接続が落ちた場合の児童再接続などの設定が可能です。これは接続を安全に保ちたい場合必要な設定です。

VPN接続はよく接続が切れてしまう事が多いのですが、接続しているつもりで切れてしまっていればISPの安全を保てていません。

常時接続で匿名性を保ち安全を心がけましょう。

Securepointのオート設定も行う事ができ、ウィンドウを開くたび接続ができる設定もあります。(接続中の検索エンジンなどは、各国のアクセスポイントの言語ページが開いてしまう可能性があります、ご注意ください)

これですべての設定が終了です。

次回パソコンを立ち上げ時、システムトレーのSecurepointを設定をすればウィンドウから始まります。ここにシールドアイコンがあります。

ダブルクリックをしてインターフェースを開き”connect”ボタンを押すとプライベートトンネルが繋がります。

おめでとうございます!あなたはプライベートVPNトンネルに接続されました!現在あなたのインターネットは安全に匿名でサーフィン出来ます。

ご使用中の安全で、匿名の臨時IPはこちらのリンクで確認が出来ます:

https://xex.asia/jp/what_is_vpn.

このページの右側に"What’s my I.P. Address"と言うappがあります。

楽しんでください!

ご質問がある場合は始めにFAQをご覧ください。そこで解決策がなければこちらにご連絡くださいcustomer@xex.asia

**注釈:もし接続時に"AUTH_FAILED"エラー表示があり、オレンジバーがレッドに変わった場合、ユーザーネームもしくはパスワードが間違っています。

解決策は?

レッドバーを右クリック、”clear error”を選択

それから、もう一度サーバー接続表示バーを右クリック、"clear saved data"を選択

そして"Connect"ボタンをクリックするとユーザーネームとパスワードを再度記入するウィンドウが開きます。

ここでもう一度、正確にユーザーネームとパスワードを記入してください。

もし、パスワードの再確認や、変更を加えたい場合はこちらに説明があります:

https://xex.asia/jp/faq/#VPN_password_change

一度VPNパスワードの認証を行ったら、もう一度上記ステップを試してください。

TOP